品質管理体制

計測器の管理について

当社は計測器管理規定に従い、製品及びその材料部品の検査、試験、測定、調整、評価に用いる計測器の精度を維持管理しております。
計測器管理規定には、計測標準管理者(社内資格)及び計測器管理者(社内資格)による計測器の選定・登録・管理、校正方法の確立と校正マニュアルの作成、適切な周期での校正実施、トレーサビリティ体系の整備等について、また、校正基準から逸脱した計測器が発見された場合の処置について定めております。

教育訓練・品質資格について

当社は品質教育管理規定に従い、製品品質に影響のある業務に従事する要員に必要な力量の確認と教育・訓練を行っております。
また特定の業務については、品質資格認定規定に従い資格認定された者が従事することとなっております。

作業環境について

当社は作業環境管理規定に従い、製品の品質に影響を及ぼす可能性の除去及びその予防措置を目的に作業環境及び付随するインフラストラクチャの整備、保守を行っております。

作業標準について

当社は作業標準管理規定に従い、製品等の所定機能の維持・回復を図る為に必要な技術的手順及び基準を示した「サービスマニュアル」、
検査の実施基準を示した「検査基準」を作成し、運用しております。

IATF16949自動車産業品質マネジメントシステム規格への対応

IATF 16949の ”7.1.5.3 試験所要求事項” に対する当社の対応は以下のとおりです。
ISO/IEC 17025(JCSS)認定を取得した製品は、外部試験所の要求事項を満たしています。
・ISO/IEC 17025(JCSS) 認定を取得していない製品は、機器の製造業者として ”7.1.5.3.1 内部試験所” の要求事項に対応しています。

~ 内部試験所要求事項への対応 ~

要求事項 当社の対応 関連する当社の規定類
組織内部の試験所施設は、要求される検査、試験又は校正サービスを実行する能力を含む、定められた適用範囲をもたなければならない。 校正サービスを行う部門は、各種規定等で校正サービスを行う製品の適用範囲を定め、その規定に示す校正能力を有しています。 ・作業標準管理規定
・サービスマニュアル
・業務マニュアル
a) 試験所の技術手順の適切性 校正サービスを行う部門は、校正サービスの管理及び実施に必要な要員、施設(環境条件)、設備、計量トレーサビリティ、方法の選定、検証及び妥当性確認、製品の取扱い等について規定等に定め運用しています。 ・品質教育管理規定 ・品質資格認定規定
・作業環境管理規定 ・計測器管理規定
・設備管理規定   ・作業標準管理規定
・サービスマニュアル
・品質記録管理規定 ・サービス業務規定
・識別及びトレーサビリティ管理規定
・業務マニュアル
b) 試験所要員の力量 校正サービスを行う要員については、必要な力量を明確にしています。また、力量を確保するための教育・訓練を実施しています。 ・品質教育管理規定 ・品質資格認定規定
・教育・訓練に関する規定
・品質関連規定   ・校正実務者力量評価記録
c) 製品の試験 校正サービスの手順書等を定め実施しています。 ・作業標準管理規定 ・サービスマニュアル
d) 該当するプロセス規格(ASTM、ENなどのような)にトレーサブルな形で、これらのサービスを正確に実行する能力。国家標準又は国際標準が存在しない場合、組織は、測定システムの能力を検証する手法を定めて実施しなければならない。 該当するプロセス規格(JIS、ISO、IEC規格等)にトレーサブルな形で規格を定め、校正サービスを実施しています。国家標準又は国際標準が存在しない場合、測定システムの能力を検証する手法を定め、校正サービスを実施しています。 ・作業標準管理規定 ・サービスマニュアル
e) もしあれば、顧客要求事項 お客様のご要望の内容を確認し、校正サービスの対応を検討します。 ・サービス業務規定
・顧客関連プロセス管理規定
f) 関係する記録のレビュー 校正サービス書類は、発行前に責任者が妥当であることを確認し承認しています。 ・品質記録管理規定 ・業務マニュアル